ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーから始める「上質な暮らし」

ストリームラインソファを徹底分析

ストリームラインソファを徹底分析

快適な座り心地を追求し続けて120年。

 

デンマークでは誰もが知るクオリティソファのメーカー『アイラーセン』。

 

アイラーセンのモデルの中で全世界でいちばん売れているモデル「ストリームライン」の魅力を徹底的に分析してみました。

 

スチールレッグが特徴的なクールデザイン

 

まずはデザイン面からその特徴をみていきます。

 

 

特徴のひとつはスクエアな座面とスチールレッグというクールモダンな組み合わせ。

 

非常にシンプルなデザインですが、このスチールレッグがクールさを生み出しています。

 

そしてこのスチールレッグの脚の高さは130mm

 

この高さがあればお掃除ロボットも入っていきますね!

 

 

もうひとつのデザインの特徴は、パイピング仕様の生地

 

パイピングとは、ソファの縫い目を布でくるむ仕様のことです。

 

ストリームラインソファにはソファ本体と座面クッション、背クッションにもパイピング仕様が施されています。

 

このことにより、シンプルな形の中にも立体的なデザインを生み出しています。

 

身体を包み込むようなクッション性の高さ

 

飽きのこないデザインもさることながら、このソファに定評があるのは「座り心地」。

 

アイラーセンが1世紀以上に渡り「座り心地」を追求し続けてきた賜物。

 

 

座面と背もたれのカバーを取り外し、その中身をみていきます。

 

 

こちらが座面のクッションの中身です。

 

一番下のグレー色の層は約80mm厚の硬めのウレタン、その上の黄色の層は約30mmの柔らかめのウレタン、そして一番上の層はフェザー&ダウン100%という三重構造となっています。

 

この緻密に計算されたウレタンの硬さやフェザー&ダウンのトップ層により、硬すぎず柔らかすぎないシートクッションが形成されています。

 

 

次に背もたれのクッション。

 

残念ながら開けてみることはできませんが、素材は座面のトップ層と同じくフェザー&ダウン100%の素材で構成されています。

 

他のソファでもフェザーやダウンは使われることはありますが、ウレタンやウレタンチップといった素材と混合であるのが一般的です。

 

横からみればご理解いただけると思いますが、相当の量が入っています

 

実際に手で持ってみるとかなり重たいです。

 

フェザーやダウンはウレタンなどに比べると素材そのものの金額はかなり高くなりますが、座り心地が抜群に増します。

 

そして、座面クッションとともに体をやさしく受け止めてくれるような座り心地を実現する大きな要因となっています。

 

また、フェザー&ダウンが偏らないように9分割されているのもご理解いただけると思います。

 

ただしフェザー&ダウンのクッションは身体をやさしく受け止めてくれる分、形が崩れやすいため定期的に空気を入れてあげるようにクッションの表裏から叩いてあげてください。

 

そうすることで羽毛布団と同じようにふっくらと元の状態に戻ります。

体重を受け止める強靭なフレーム構造

 

次にソファ本体の構造についてみていきます。

 

 

こちらはこのストリームラインソファの断面です。

 

一般的にソファの中身を見る機会は少ないですが、アイラーセンのソファは構造に自信があるからこそ、その中身を公開しています。

 

クッション含めソファの座り心地は見えない部分こそが決め手。

 

フレーム本体には弾力性と耐久性に富むビーチ無垢材やパイン無垢材が存分に使われており、その強度は一生壊れないほど。

 

またこちらの画像では確認できませんが、座面の下にはアイラーセンの深い座り心地を支えるドイツ製S字スプリングや、そのS字スプリングを固定するのはきしみ音が発生しない同じくドイツ製の特殊なフックが使用されています。

 

更には、フレームの接合には木ダボが使われており丁寧に職人の手で組み上げられます。

 

このようなきめ細やかなソファ作りへの配慮と1世紀以上にわたるものづくりのノウハウが快適な座り心地を生み出しているのです。

ストリームラインソファの座り方

 

ここからはこのソファの座り方についてみていきます。

 

普通に腰かけても十分に座り心地のよいソファですが、座面の奥行きもたっぷりとあるためあぐらをかいて座ったりするものおすすめの座り方です。

 

また、最初の画像のようにオットマンを併用して脚を伸ばして座ったり、更にはヘッドレストも併用することにより座り心地や使い方の幅がより一層広がること間違いなしです。

 

普段から脚を伸ばしてくつろぎたい方には、カウチタイプのモデルがおすすめです。

 

そして、筆者の考えるこのソファのベストポジションと思われる座り方はこちら。

 

 

背もたれのひとつをアーム方向へと置き換え、コーナーに腰をうずめるように座ってみてください。

 

脚を伸ばし両手を広げると大変リラックスした姿勢をとることができます。

 

このソファで2020年のオリンピック観戦などきっと最高です!

 

選べるファブリックの豊富さ

 

そして、アイラーセンのソファは選べる生地の豊富さも魅力です。

 

 

ファブリックに関しては13種60色から、レザーは5種20色からという豊富な種類からお選びいただけます。

 

いずれの張地も摩擦検査の結果や色あせ度などが記載されており、その耐久性の高さは実証済み。

 

また、カバーは取り外すことができドライクリーニングが基本ですがお洗濯が可能であり、常にソファを清潔に保つことができます。

 

しかしながら、使い方によっては汚れがひどかったり更には破けてしまったりすることも考えられます。

 

そのような際は、ファブリックに関してはカバーのみの買い替えが可能であり、生地の種類にもよりますがソファ全体の価格の3分の1くらいの金額からカバーのみ購入できます。

 

当店でアイラーセンソファのカバーのみ購入のご相談を受けるのは、購入いただいてから10年前後が多いかと思われます。

 

まとめ

 

今回は『アイラーセン』ストリームラインソファについて「デザイン」、「構造」、「座り方」の3方向からその魅力について分析してみました。

 

弊社では鹿児島店有村店長がストリームラインソファのユーザーです。

 

更にはアイラーセンの「ストックホルム」、「ビッグカールトン」も別スタッフがユーザーです。

 

別のモデルについては次回またご紹介していきます。お楽しみに‼

 

関連記事

ビッグカールトンソファを徹底分析

2018年10月02日

ヴィテッセソファを徹底分析

2018年09月22日

ストックホルムソファを徹底分析

2018年09月07日

ストリームラインソファを徹底分析

2018年08月29日

イタリアスーパーモダン納品事例

2018年07月31日

おススメの記事