ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーの背もたれクッション

ソファーの背もたれクッション

 

ソファーに使われているクッションの素材は大きく価格に影響します。

 

一般的には、綿、ウレタンチップ、フェザー、ダウンなどが主に使われます。

 

今回は実際のソファーの中身を基にご説明します。

 

 フェザー&ダウン100%の背もたれクッション

 

写真画像は弊社で一番人気のストリームラインソファーです。

 

クールなデザインが人気の理由のひとつではありますが、重要なのは耐久性。

 

背もたれクッションはフェザー(鳥の羽)とダウン(鳥の羽毛)が混合で入っています。

 

羽毛布団と同じく、フェザーやダウンには復元力があるため、表裏を叩き空気を入れてあげることで元に戻ります。

 

しかも、体を優しく包み込んでくれるため座り心地も抜群に良くなります。

 

背もたれのクッションとしては最も最適な素材と言われているほどです。

 

重要なのはその充填量

 

フェザーやダウンは高額です。

 

そのため、ソファーの価格及び耐久性にも大きく影響します。

 

安価なソファーにはまずフェザーやダウンが使われることはありません。

 

使われることがないというか、金額面を優先すると使えないというのが正しいかもしれません。

 

フェザーやダウンが使われているソファーは多く存在しますが、大事なのはその使われている量。

 

一般的には、綿やウレタンチップなどと混合にてフェザーが少量だけ使われているケースが多いです。

 

こちらのストリームラインソファーの背もたれクッションはこのダウンやフェザーがふんだんに使われているのです。

 

その量は、実際に手に取って持ってみるとすぐにわかります。

 

他のソファーと比べると、3~4倍の重さはあります。

 

このようなことからデザイン上あまり大きな違いを感じにくいソファーですが、背もたれのクッションひとつでも様々な材料が存在し、座り心地や耐久性そして価格にも反映されるのです。

 

 

関連記事

背もたれもサイドもダブルクッションの新作レザーソファ。

2019年01月22日

ビッグカールトンソファを徹底分析

2018年10月02日

ヴィテッセソファを徹底分析

2018年09月22日

ストックホルムソファを徹底分析

2018年09月07日

ストリームラインソファを徹底分析

2018年08月29日

おススメの記事