ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーから始める「上質な暮らし」

レザーソファーのメンテナンスが苦手な方には。。。

レザーソファーのメンテナンスが苦手な方には。。。

 

レザーソファー(本革)の場合、必ずメンテナンス(お手入れ)が必要です。

 

最低でも半年に1回、デリケートな革の場合は3ヶ月に1度のペースでメンテナンスが必要となります。

 

しかしながら、3年間メンテナンスをしなくて良いコーティング技術が存在します!

 

インテリアガードが本革を美しいままに保ちます

 

「レザーソファーが欲しいけれどもメンテナンスをしていく自信がない」という方の救世主。

 

その名は「インテリアガード」。

 

「インテリアガード」は革本来の質感を保ちながら、汚れや摩擦にも強い皮膜を作り上げ「表皮の劣化防止」「表皮の保護」を可能にしました。

 

本革の持つ「柔軟性」「伸縮性」などを損なうことなく、様々なシーンで効果を発揮し、美しい本革をより永く保つお手伝いをいたします。

 

1. 優れた防汚効果

 

汚れの付着が大幅に抑制され、付着した汚れも安易に落とせます。

 

2. 優れた日焼け止め効果

 

紫外線による色あせを抑える効果があります。

 

3. 優れた防水性

 

耐水度が向上する為、雨染みやカビの発生から革表面を保護することができます。

 

4. 優れた耐久性

 

経年劣化によるひび割れを長時間抑える効果があります。

 

このような長期間の革の保護と汚れ付着防止を可能にしたレザー用の画期的コーティング性能をもった「インテリアガード」。

 

フィルム上に硬化する超薄膜のウレタン樹脂がソファーの表面を覆い、言わば透明のカバーをかけた状態になります。

 

この皮膜は摩擦による表皮の劣化を大幅に低減し、汚れもつきにくくする特性があります。

 

また、通気性を確保しながら水分や油分という保湿成分を逃さず革本来の質感を保ちます。

 

これを施工することにより、メンテナンスが面倒な方でも3年間はお手入れ不要でレザーソファーをお使いいただくことができるのです。

 

この「インテリアガード」は3年間の保証が付いており、実際のご家庭での使用頻度にもよりますが、5年程度効果は継続することが多いようです。

 

3年後以降はご自身でメンテナンスを行う必要はありますが、メンテナンスを全くせずに3年を経過したソファーの姿と「インテリアガード」を施し3年を経過したソファーの姿の差は圧倒的だと思われます。

 

高級車のレザーシート用オプションとして採用される信頼感!

 

レザーコーティングについて、皆様あまり馴染みがないかと思われます。

 

しかしながら、実は有名な輸入車やレクサス等のレザーシートにはほとんどこの「インテリアガード」が施されているのです。

 

ヤナセ、マセラティ、ボルボ、ランボルギーニ、フィアット、フォルクスワーゲン、プジョーなどの高級車のレザーシート用オプションとして採用されています。

 

ちなみに当店での施工費は上記と比較すると半額以下と格安です。

 

更には、毎日不特定多数のたくさんの人でごった返す羽田空港のロビーのスツールにも採用されているほど信頼度の高いものなのです!

 

空港で使用されているスツールに採用されていることが、何よりもその効果を実証していると言えるでしょう。

 

ご家庭に置き換えてみると、小さなお子様がいらっしゃったり、ペットを飼われていたりするご家庭には特におすすめです。

 

普段のお手入れは、お部屋のお掃除のついでにホコリを落としていただく程度です。

 

汚れがついた場合には、水で濡らしたタオルを硬く絞って拭くだけです。

 

また、レザーは日焼けするので直射日光をできるだけ避けて置くのが良いのですが、「インテリアガード」を施した場合、そのようなお悩みも解決してくれます。

 

更には白のレザーソファーを検討されるお客様には大変強力な味方となってくれます。

 

白という色は無彩色であるため、大変綺麗でほかの色にはない魅力があります。

 

しかしながら、「白のレザーが欲しいけれども汚れが」というお客様にはやらない手はない!

 

むしろ、このようなお客様のために存在する商品なのかも知れません。

 

そして最後に気になる価格について

 

スツール ¥10,000

 

1人掛けソファー ¥25,000

 

2人掛けソファー ¥35,000

 

3人掛けソファー ¥50,000

 

カウチ、コーナーソファー ¥70,000

 

決して安価な金額と言えませんが、継続的にレザー専用のお手入れセットで数か月に1度手入れをすると結構なランニングコストにはなってしまいます。

 

また、ソファーと一緒にオットマン、ヘッドレストをご購入いただき「インテリアガード」を施工した場合、オットマンとヘッドレストの施工代金は無料です。

 

本革ソファーを美しく保ちたい場合、方法は2通りで、最初にコーティングをして3~5年メンテナンスフリーが可能な「インテリアガード」を施すか、ご自身で年に数回メンテナンスを行うか、どちらかとなるのです。

 

最初にお金をかけるか、後々手間をかけるか、どちらもしなければきっと後悔されることとなってしまいます。

 

折角お客様が気に入ってくださり永く愛用できるはずのソファーが駄目になってしまう、我々としてもそれだけは絶対に避けたいのです。

 

 

関連記事

ビッグカールトンソファを徹底分析

2018年10月02日

ヴィテッセソファを徹底分析

2018年09月22日

ストックホルムソファを徹底分析

2018年09月07日

ストリームラインソファを徹底分析

2018年08月29日

イタリアスーパーモダン納品事例

2018年07月31日

おススメの記事