ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーから始める「上質な暮らし」

そのソファーはカバーリング対応か?

そのソファーはカバーリング対応か?

 

布張りのソファーに関して、カバーを取り外して洗えるタイプが一般的となっています。

 

万が一、飲み物をこぼしたり汚してしまったとしても清潔に保てますね。

 

また、永く使うことを想定して作られているソファーはカバーのみ購入することができます。

 

カバーのみ購入できるソファーは永く使えることの証

 

安価なソファーのほとんどはカバーのみ購入することはできないことが多いです。

 

なぜならば、ソファー本体の寿命が短いからです。

 

カバーを替えるタイミングではソファー本体が傷んでしまっており、ソファーそのものを買い替えた方が良いといった状態になっていると思われます。

 

逆に、カバーのみを購入できるソファーは、本体が長年の使用に耐えられる構造で作られています。

 

布はやはり消耗品ですので、洗ったとしても汚れが気になったり使い方が荒ければ破けたりすることも考えられます。

 

本体がしっかりしている分、カバーのみを新しくすることによりソファーそのものを買い替える必要がありません。

 

また、カバーを取り換えるには小売店はお客様情報を把握しておく必要があります。

 

どのソファーを購入したのかという情報をお店側が把握していなければ、カバーのみ取り寄せることができないのは当然です。

 

そのため、お店もお客様情報をストックするための設備投資が必要となります。

 

また、ソファーメーカー側もソファー自体が廃盤となってもカバーのみを作成できる体制を整える必要があります。

 

ソファーを買い替えるのであれば、お客様に新しいものを購入いただければ良いために、このような情報の把握は全く必要ありません。

 

以上のことから、カバーのみを購入できるソファーは永く使えるソファーだと言えます。

 

実際に私どものお店にも10年以上前に購入いただいたお客様からカバーのみを注文いただくケースはしばしばあります。

 

カバーの価格は3割前後から

 

では、カバーのみの価格はいくらくらいするのでしょうか?

 

参考までに、上記写真のソファーでは生地の種類にもよりますがソファー価格の3割程度からの価格となっています。

 

すべてのカバーリング対応のソファーにその金額が当てはまるわけではないとは思いますが、30万円のソファーであればカバーのみの価格が9万円。

 

もし、仮に20年間ソファーを使い、10年目でカバーを購入するとすれば合計40万円くらい。

 

1年間あたりの投資額2万円という計算になります。

 

長年の経験上、これくらいの金額のソファーであれば丁寧に使っていれば上記の計算通りになるのではないかと思います。

 

筆者自身がこの写真のソファーを自宅で使っています。

 

現在ちょうど購入して6年が経過。

 

現在のソファーの状態は、クッションは新品当時から比べると若干柔らかくなったかなという感覚です。

 

カバーを洗濯したのは過去に2回。

 

最初の洗濯は子供が小さいときにソファーでおしっこを漏らした時でした。

 

本来ドライクリーニングが基本ですが、早急な対処が必要であるため洗濯ネットを使用し、弱水流で洗濯機で洗いました。

 

縮んでしまうことを覚悟の上での洗濯でしたが、結果は問題なし。

 

まだまだカバーを取り換える必要もなさそうです。

 

これからも大事に使っていきます!

 

 

 

関連記事

背もたれもサイドもダブルクッションの新作レザーソファ。

2019年01月22日

ビッグカールトンソファを徹底分析

2018年10月02日

ヴィテッセソファを徹底分析

2018年09月22日

ストックホルムソファを徹底分析

2018年09月07日

ストリームラインソファを徹底分析

2018年08月29日

おススメの記事