ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファー価格の違い

ソファー価格の違い

 

世の中には同じような形でも様々な価格帯のソファーが存在します。

 

例えば3人掛けで2万円、5万円、10万円、20万円、30万円等。

 

ダイニングテーブルですと、使われている素材等によって一般の方でも見ればなんとなくその違いに気づきやすいのですが、ソファーは中身が見えない分、非常にその価格の違いが分かりにくい要素を持ち合わせた商品であると言えます。

 

その価格の違いについてご説明します。

 

生地の素材の違い

 

そのソファーの張地(生地)の種類により価格は異なります。

 

一般的には、

 

合皮(ビニールレザー) < 布(ファブリック) < 本革(レザー)

 

という位置付けとなります。

 

 内部構造について

 

ソファーにおいて非常にわかりにくく、耐久性における重要な要素がこちらです。

 

人間と同じく、表面的な表情が良くても中身が悪いとダメなように、いかにして見えない部分がしっかりと作り込まれているかが、長く使えるかどうかを大きく左右します。

 

 クッションについて

 

内部構造同様に、クッションについても非常に重要です。

 

その素材にはウレタンフォームやフェザー、ダウンなどの素材が用いられます。

 

ウレタンフォームにも硬い、柔らかいなどがあり、硬いウレタンほどへたりにくいなどの特徴はありますが、ウレタンには復元力がないため一度へたってしまうと元に戻りません。

 

良いソファーにはフェザー(鳥の羽)やダウン(羽毛)などが用いられていることが多いです。

 

なぜならば、それらには復元力があり、ウレタンのみのものよりも体にフィットしやすいため座り心地が良くなるからです。

 

そのため、高額になりがちな要素はあります。

 

その他、メンテナンス可能であるかなどいくつかのポイントはありますが、大きくは以上の3点が価格を左右する構成要素と言えます。

 

関連記事

大型ソファーの納品事例別にみる色選び

2018年04月09日

ラグの種類別によるソファーのコーディネート

2018年03月20日

eilersen(アイラーセン)快適な座り心地を追求し続けて120年

2018年03月13日

ソファー売れ筋ベスト5!2017年度版

2018年03月01日

レザーソファーのメンテナンスが苦手な方には。。。

2018年02月20日

おススメの記事