ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファー価格の違い

ソファー価格の違い

 

世の中には同じような形でも様々な価格帯のソファーが存在します。

 

例えば3人掛けで2万円、5万円、10万円、20万円、30万円等。

 

ダイニングテーブルですと、使われている素材等によって一般の方でも見ればなんとなくその違いに気づきやすいのですが、ソファーは中身が見えない分、非常にその価格の違いが分かりにくい要素を持ち合わせた商品であると言えます。

 

その価格の違いについてご説明します。

 

生地の素材の違い

 

そのソファーの張地(生地)の種類により価格は異なります。

 

一般的には、

 

合皮(ビニールレザー) < 布(ファブリック) < 本革(レザー)

 

という位置付けとなります。

 

 内部構造について

 

ソファーにおいて非常にわかりにくく、耐久性における重要な要素がこちらです。

 

人間と同じく、表面的な表情が良くても中身が悪いとダメなように、いかにして見えない部分がしっかりと作り込まれているかが、長く使えるかどうかを大きく左右します。

 

 クッションについて

 

内部構造同様に、クッションについても非常に重要です。

 

その素材にはウレタンフォームやフェザー、ダウンなどの素材が用いられます。

 

ウレタンフォームにも硬い、柔らかいなどがあり、硬いウレタンほどへたりにくいなどの特徴はありますが、ウレタンには復元力がないため一度へたってしまうと元に戻りません。

 

良いソファーにはフェザー(鳥の羽)やダウン(羽毛)などが用いられていることが多いです。

 

なぜならば、それらには復元力があり、ウレタンのみのものよりも体にフィットしやすいため座り心地が良くなるからです。

 

そのため、高額になりがちな要素はあります。

 

その他、メンテナンス可能であるかなどいくつかのポイントはありますが、大きくは以上の3点が価格を左右する構成要素と言えます。

 

現物を比較して30万円台と10万円台のソファーの違い

 

店頭にある実際のソファーを比較して、ここでは背もたれのクッションの違いを説明致します。

 

 

㊤こちらのソファーはデンマークのソファーメーカー「アイラーセン社のVITESSE(ヴィテッセ)」。

 

価格は生地のランクにもよりますが、w180cmで¥279,000~

 

内部構造、生地の質、クッションとすべてにおいて最高品質と言えるソファーです。

 

 

㊤こちらのソファーはアクタスオリジナルソファー「FB(エフビー)」。

 

w180cmで「VITESSE(ヴィテッセ)」ソファーと同じサイズでありながら、¥124,000~。

 

お気づきかと思いますが、見た目上のデザインにおいてはそこまで大きな差は感じられません。

 

しかしながらその価格の差は2倍以上、生地ランクによっては3倍近くまで広がります。

 

この価格の差について、ここでは背もたれクッション一点の違いに絞ってご説明いたします。

 

高額なヴィッテッセソファーの背もたれの材料は、ダウン(羽毛)とフェザー(羽根)が100%使われています。

 

羽毛や羽根をイメージしていただくとわかりやすいですが、素材自体は非常に軽いです。

 

しかしながらクッションを実際に持っていただくと、とても重いことに気づきます。

 

入っている羽毛や羽根の量が尋常ではないくらい詰められているため、重くなります。

 

そして、見えない力がすうっと体をしっかりと受け止めてくれるように感じられる座り心地を実現することにつながっているのです。

 

一方、お求めやすいエフビーソファーの背もたれのクッションの素材は、ウレタンチップとフェザーの混合となっています。

 

一部フェザーは使われていますが、その量は前者と比べると微量です。

 

そして、クッションの重さは前者と比べるとやはり軽いです。

 

具体的にどのくらいの違いがあるかというと、エフビーソファーの背もたれのクッション左右2つ分よりも、ヴィテッセソファーのクッション1つの方が確実に重いのです。

 

まとめ

 

10万円台のソファーが決して悪いソファーということではありません。

 

30万円台のソファーが大変良いソファーだということになります。

 

ここでは背もたれクッションのみを具体的に比較しましたが、内部構造の違いや生地の質の違い、ウレタンの密度の違いなど様々な要素から価格の違いは生まれるのです。

 

そしてまったく同じ使い方をそれぞれのソファーでした場合、5年後10年後のソファーの姿にその違いが表れます。

 

10万円台のソファーよりも30万円台のソファーの方が経年変化後の状態が良いのは間違いありません!

 

 

 

関連記事

レザーソファー3モデル別にみる使い方

2018年06月16日

カーテンの魅力

2018年06月10日

おしゃれなお宅のインテリア3連発

2018年06月03日

一番人気のソファーとダイニングセット

2018年05月28日

ソファー毎のベストポジション

2018年04月29日

おススメの記事