ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーの構成要素

ソファーの構成要素

 

みなさまはソファーの中身をご覧になられたことがありますか?

 

一般的にソファーは生地等で張り込まれているために、中身がどのように構成されているのかが分からないというのが現状です。

 

しかしながら、この見えない部分というのがソファーの耐久性に大きく影響します。
価格的な違いもここに大きく表れます。

 

 フレームの基本構造

 

生地等を張り込む前のソファーを形つくる基本構造。

 

大人2人が座ると100kg前後となるわけですから、体重を長年に渡り支えきる構造であるかどうかが大変重要です。

 

ソファー全体の強度に影響する部分です。

 

 スプリングやテープ

 

フレームの基本構造に次ぎ、座面や背もたれ等、体重を受け止める重要なパーツがスプリングやテープとなります。

 

座面部分には最も負荷がかかるわけですから、非常に重要です。

 

良いソファーには強度の高いS字スプリングといわれるバネやウェービングベルトといわれるテープが使用されています。

 

背もたれ部分にもウェービングベルトがよく使われています。

 

また、これらがしっかりと留められているかどうかも重要です。

 

ギシギシというキシミ音が発生したり、スプリングが外に飛び出してしまっているという状態が見受けられますが、これらの留めが甘いためと言わざるを得ません。

 

これらの点がはっきりと明確になっているソファーは良いソファー、長持ちするソファーということが言えるでしょう。

 

 

関連記事

背もたれもサイドもダブルクッションの新作レザーソファ。

2019年01月22日

ビッグカールトンソファを徹底分析

2018年10月02日

ヴィテッセソファを徹底分析

2018年09月22日

ストックホルムソファを徹底分析

2018年09月07日

ストリームラインソファを徹底分析

2018年08月29日

おススメの記事