ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーから始める「上質な暮らし」

ソファーのメンテナンス

ソファーのメンテナンス

いくら良いソファーでも場合によっては日々のメンテナンスをおろそかにするとすぐにダメになってしまう可能性があります。
布張りソファーはそこまでのお手入れは必要としませんが、本革ソファーは絶対にと言って過言でないほどにお手入れが重要となってきます。

クッションの左右を入れ替える

クッションが左右分割になっているソファーの場合、これを定期的に入れ替えることをおすすめします。
よく座る人が決まっている場合などは、一定の場所に座る場合が多いです。
そのために、例えば右側だけがへたるなどが考えられます。

クッションをたたく

良いソファーの場合、フェザーやダウンが中身に入っている場合が多いです。
背もたれのクッションに関して、だんだんと下の方にこれらが溜まる傾向があります。
これを防ぐため、両面からクッションをたたいてあげることで元の状態へ戻り、またふっくらとした状態に復元します。

布張りソファーのメンテナンス

普段は掃除機などで埃をとることをおすすめします。
また、カバーリング(布が本体から脱着可能)のソファーの場合、定期的にクリーニングすることで清潔に保てます。
布の洗濯表示を確認し、表示に従っておこないましょう。

本革ソファーのメンテナンス

必ず行わなければならない本革のメンテナンス。
半年に一度はお手入れをすることをおすすめしていますが、オイルレザーなどのデリケートな革の場合は3か月に一度のお手入れが必要です。
その方法は、最初に汚れを落とし、その後保護クリームを塗るというものです。

革靴の手入れと同じような方法ですね。
家具屋さんであれば、ソファー専用のお手入れセットというものを販売されているので相談してみてください。

関連記事

スチールレッグがポイントのダイニングテーブル

2017年12月26日

上質なソファーをフットスツールとセットにて

2017年12月26日

レザーソファーのお手入れ

2017年12月19日

ファブリックソファーのお手入れにおすすめ!

2017年12月19日

ソファーの中身を見たことがありますか?

2017年12月12日